2010年07月21日

私たちを守ってくれているお札

只今、運動をしたい衝動にかられてます。

今までダラダラしてたのに、
こんな暑いのに
なんで今なんだっっ!?

と自分でもびっくりしてしまうぐらい。

ダイエットをかねてっていうのもあるけど、
それより、運動をしたいっっ

夏だし、泳ぎに行きたいっっ

熱しやすく、
冷めやすいタイプなので
この勢いがあるうちに行かないと・・・・・・

そして、パワーもたくさんもらいたい。
パワースポットへ。
御利益のあるところへ。

実は、私の住んでいる地域
何気に多いんですよ、パワースポット。

この前テレビで紹介されていました。

昨日テレビで見た高尾山にも言ってみたいなぁ〜。

年初めにお寺から頂いたお札を
ようやく家に貼りました。

一番大きいのは玄関に。
後の小さいの3つはキッチン、トイレ、洗面所の
水回りに。

そのお札が膨らむってことは、
悪いものから私たちを守ってくれている証拠なんですって。

コレを貼ってから
心なしか平和に暮らせてるような気がします。

これからもどうぞよろしくです。
posted by むぅ at 16:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

3年間注意が必要です

パワーストーン(Power stone)とは、宝石・貴石・半貴石のなかでもある種の特殊な力が宿っていると考えられている石のこと。また手首に装着するものをブレスレット若しくはバングルと呼ぶが、腕の上部につけるものはアームレットと呼ぶ。なおパワーストーンは和製英語である。シリコンやポレウレタンなどのゴムにビーズを通して輪状にしたものは、ゴムブレスや数珠ブレスなどと呼ばれ、パワーストーンや装身具 アクセサリーを販売しているショップで見ることができる。
厄神(やくじん)は、厄年 厄除けの神である。厄年(やくどし)は、陰陽道で教宣されている、厄災が多く降りかかるとされる年齢のことである。 宗佐厄神八幡神社 - 兵庫県加古川市にある神社。厄除の大神として広く知られる。通称は宗佐の厄神さん。また、地域や宗派などによっては61歳の還暦を男女共通で厄年とする場合もある。特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いので十分な警戒を要するとされており、語呂合わせでも男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「散々」に通じる。 厄神明王 - 愛染明王と不動明王が一体化したもの。女性いずれの厄年にもその前後1年間に前厄(厄の前兆が現れるとされる年)・後厄(厄のおそれが薄らいでいくとされる年)の期間があり、本厄と同様に注意すべきとされる。
posted by むぅ at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

宗派によって違う数珠の種類

また日蓮宗と歴史的に関連が深く、「南無妙法蓮華経」の題目を唱える新宗教系の信徒団体として立正佼成会・霊友会・佛所護念教団等があり、直系とは別にこれら信徒団体在籍の400万世帯前後の信徒が存在する。 日蓮本門宗(にちれんほんもんしゅう、本門宗)は、日興門流(=日蓮の弟子日興の法脈を受け継ぐ本山末寺)が1876年(明治9年)に結成し、 1941年の日蓮宗、顕本法華宗との三派合同によって発展解消した、日蓮系の宗派。日蓮宗(にちれんしゅう)は、鎌倉時代 鎌倉時代中期に日蓮によって興された仏教宗派。宗祖の入滅後、六弟子の一人であった日興が総本山大石寺(たいせきじ)を建てて「御開山」すなわち事実上の開祖となり、その教義的方向性を決定づけたが日興は七ヵ年留まると石川氏の招きにより大石寺を退出、晩年は重須談所(現在の日蓮宗北山本門寺根源・重須本門寺)に移住し、日目に血脈を譲ったのち、晩年は師弟の教育・指導にあたり、ここで没した。
posted by むぅ at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。