2010年07月05日

3年間注意が必要です

パワーストーン(Power stone)とは、宝石・貴石・半貴石のなかでもある種の特殊な力が宿っていると考えられている石のこと。また手首に装着するものをブレスレット若しくはバングルと呼ぶが、腕の上部につけるものはアームレットと呼ぶ。なおパワーストーンは和製英語である。シリコンやポレウレタンなどのゴムにビーズを通して輪状にしたものは、ゴムブレスや数珠ブレスなどと呼ばれ、パワーストーンや装身具 アクセサリーを販売しているショップで見ることができる。
厄神(やくじん)は、厄年 厄除けの神である。厄年(やくどし)は、陰陽道で教宣されている、厄災が多く降りかかるとされる年齢のことである。 宗佐厄神八幡神社 - 兵庫県加古川市にある神社。厄除の大神として広く知られる。通称は宗佐の厄神さん。また、地域や宗派などによっては61歳の還暦を男女共通で厄年とする場合もある。特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いので十分な警戒を要するとされており、語呂合わせでも男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「散々」に通じる。 厄神明王 - 愛染明王と不動明王が一体化したもの。女性いずれの厄年にもその前後1年間に前厄(厄の前兆が現れるとされる年)・後厄(厄のおそれが薄らいでいくとされる年)の期間があり、本厄と同様に注意すべきとされる。
posted by むぅ at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。