2010年06月22日

宗派によって違う数珠の種類

また日蓮宗と歴史的に関連が深く、「南無妙法蓮華経」の題目を唱える新宗教系の信徒団体として立正佼成会・霊友会・佛所護念教団等があり、直系とは別にこれら信徒団体在籍の400万世帯前後の信徒が存在する。 日蓮本門宗(にちれんほんもんしゅう、本門宗)は、日興門流(=日蓮の弟子日興の法脈を受け継ぐ本山末寺)が1876年(明治9年)に結成し、 1941年の日蓮宗、顕本法華宗との三派合同によって発展解消した、日蓮系の宗派。日蓮宗(にちれんしゅう)は、鎌倉時代 鎌倉時代中期に日蓮によって興された仏教宗派。宗祖の入滅後、六弟子の一人であった日興が総本山大石寺(たいせきじ)を建てて「御開山」すなわち事実上の開祖となり、その教義的方向性を決定づけたが日興は七ヵ年留まると石川氏の招きにより大石寺を退出、晩年は重須談所(現在の日蓮宗北山本門寺根源・重須本門寺)に移住し、日目に血脈を譲ったのち、晩年は師弟の教育・指導にあたり、ここで没した。
posted by むぅ at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。